【フォトショップでデザイン】photoshop鉛筆画デジタルイラスト

フォトショップ鉛筆画 デジタルイラスト Digital pencil drawing

こんにちは。
「ホリマリ クリエイティブワークス」
グラフィックデザイナーのホリマリです。

私がリアルのスクールで開催していたデザインよりのフォトショップのコースは、
基礎6回と応用6回の合計12回という構成になっていました。

このフォトショップで作るデジタル鉛筆画の課題は、
その12回あるレッスンの最終課題として制作したものです。

 

ホリマリフォトショ鉛筆画

 

最終課題というだけあって、見た目もなんだか難しそうなフォトショップ・デザインですが
コースの生徒さんたちは全員、難なくクリアされていました。

毎月1回のレッスンで合計12回、つまり1年。
デザイン課題を毎月こなし、頑張った甲斐あって、
こんな作品も楽しみながら制作できるようになったことに
感慨深い思いを感じるとともに、
「好きこそ物の上手なれ」というコトバが頭に浮かびました。
好きならできないことはない!! そう思った瞬間でした。

今回はそのフォトショップ最終課題の様子と、
制作過程で考えなければならない様々な事柄をお話したいと思います。
ご興味のある方の参考になれば嬉しいです。

ホリマリからデザインテクニックを学べる動画講座はこちら

◾️その前に、どんな人がこのサイトを運営しているの?

ホリマリ プロフィールこんにちは! Horimari Creative works のサイトにご訪問くださり、
ありがとうございます。サイト運営者のホリマリと申します。

堅苦しい時系列プロフィールは
「ホリマリ プロフィール」のページにありますが、
こちらでは私のことを簡単に自己紹介させてくださいね。

私ことホリマリは、何かを作ったり創造したりするのに小さい頃から夢中で、
グラフィックデザイナーになると決めたのも小学生の時でした。

そして割と一直線に、とは言い難いのですが ( ̄^ ̄)ゞ
グラフィックデザイナーになって20年以上が過ぎました。

ノスタルジックで心がきゅうっとなる、美しい繊細なものが大好きで
女性の心を鷲掴みにするようなデザインを多く作ってきました。

またフランスはパリにノスタルジーを感じ(日本人なのにね〜)
きっと神様が特別にそうしたのだと信じてるのですが、空と街全体がグレイッシュなトーンで
緻密に構成された絵画のようなパリの街に完全に恋していて、ちょくちょく行きます。

ホリマリ ビジュアル / Paris
プライベートでは3人の個性豊かな女の子の母でもあります。

そんな私ですが、私がパリに恋したように私のデザインに恋しましたと言って頂くようになり、
どのようにデザインするんですか?と聞かれるようになるに連れ、
ちょっとたぶん、人とは違う考え方でのデザインの制作について
「知りたい人に伝えたい」と思うようになりました。

ホリマリイラストレーション建物風景_秋
そういうわけで、デザイナーになりたい人にも、デザインに興味のある人にも、
デザインを今の仕事に生かしたい人にも楽しんでワクワクしながら学べるサイトを目指して
Horimari Creative works のサイト立ち上げました。

また、デザイン制作もおこなっています。
デザインは目的を達成させるために存在すると考えていますので
私にご依頼くださったお客様の持つ目的達成や問題点の解決を同じ気持ちで考え取り組みます。

ですので、デザイン料金は決して安くはありません。
おしゃれで安いものが必要な方は、私ではなく他をあたってください。

反対に絶対に目的を達成させ、自身もそれに一生懸命である方はぜひお話をお聞かせください。
そしてあなたの目的を達成させるためのプランを私にご提案させていただければと思います。

こんなちょっと一風変わったデザイナーの私ですが
みなさまのお役にたてるよう一生懸命頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします!

 

◾️とにかくフォトショップと向き合って無心で楽しめる!

-さて、このデザインをフォトショップ講座の最終課題に選んだのにはちゃんと理由があります

    1. ただ素材をコラージュするだけでなく、その前段階に鉛筆画にする工程があり手間がかかること。
    2. 鉛筆画にするのも、選んだ画像によってかなり調整具合が異なること。
    3. 鉛筆画にした素材のどこを切り抜くか、仕上がりを想定しながらの切り抜き作業が必要なこと。
    4. かなりの数のレイヤーができるので、グループ管理やスマートオブジェクトにするなど、レイヤーを整理しながら制作しやすい環境を自分で作る必要があること。
    5. 切り抜いた鉛筆画素材をコラージュする際に、どう配置したらより素敵にエレガントに見えるかをしっかり考えて配置しなければならないこと。
    6. フォントの選択とレイアウト、素材と文字を絡んで見せる手法、またどこを絡ませ文字ラインを隠すと美しく、かつ文字として成立するかなどを判断する必要があること。

などが考えられましたので、最終課題にちょうどいいなと思いました。

このように書き出すと「あ〜、私には無理かも・・・」
と思われるかもしれませんがほぼ心配はいりません。
先ほども書きましたが、一番に必要なのは「好き!」という気持ちだからです。

好きならばフォトショップに無心で向き合えます。
その時間さえ楽しく感じることでしょう。
しかもどんどん新しくできることが増えていくので
前回やったことは次回以降、毎回毎回復習することとなり
気づいたら「私、けっこういろんなことができる〜〜」となるわけです。

さて、この作品にはいろいろな要素や思考が必要なことがわかったと思いますが、
フォトショップのテクニックがあるからといって、すべてがクリアできる問題ではありませんね。

フォトショップもイラストレーターも、思考を目に見える形にするための単なるツールですから、
同時にデザインを学ぶことの意味は、とても大きいと思います。

◾️頭の中のイメージを平面に落とし込む

何かを平面上で作る時に行うのが「平面構成」です。
コトバにするとなんだか難しそうですが、こうじゃないとダメ! というものではなく、
「こう見せたい」と思う時の考え方のベースとなるものです。

そんなことも含めて、楽しく制作できるよう
デザイン系のレッスンでは心がけてお伝えしていました。

 

-全体のバランスと細部の作り込み

デザインを制作していると、実際の作業は拡大して綺麗に切り抜いたり
配置したりしますが、その拡大した画面ばかりを見ていると、
全体を見た時にとんでもない方向に進んでることが多いです。

ですので作業は制作のための拡大と、全体を見るための縮小を頻繁に繰り返します。
少なくとも拡大縮小のショートカットキーは時短のために覚える必要が大です。

検索しても、ほとんど command(ctrl) + 「 + 」で画面の拡大 / 「-」で縮小と出てきますが、
私的にはマウスやペンタブから手を離さないで拡大縮小したいので、
command(ctrl) + 「 スペース 」で画面の拡大 
command(ctrl) + 「 スペース 」+「option(alt)」で画面の縮小が使いやすくておすすめです。
もしくは
option (alt)+「上にスクロール」で画面の拡大、
option (alt)+「下にスクロール」で画面の縮小もいいですね。

 

デザイナーは細部の作り込みに
このようなコラージュであっても、1ピクセルあるいは1ミリの調整
真面目な顔で何度も行い、試して、確認してを繰り返します。
1ピクセルあるいは1ミリの違いはものすごく大きいと感じているからです。

・・・が、生徒さんたちは小さな拡大率でズズッと大きく動かして
ポンと配置して「OK」としていることを発見し「!!」
ものすごくビックリしたのを覚えています。

私にとっても、みなさん非デザイナーと、デザイナーの感覚の違いがこんなに大きなものかと
改めて知ることになり、教材も大部分をそれにあわせて作り直したりもしました。
決してデザイナーの「こうあるべき」を押し付けてはならない
ただ、「私はこのようにしています」とご紹介する。
私はそのように生徒みなさんから学ばせていただきました。

 

-学んだその日から突然見え始めるのはなぜ?

今までデザインらしきことなんてやったこともなければ、聞いたこともない、
そんな状況だと知らないのは当然なんですよね。
なので、「習ったその日から見えてなかったものが見えました」と
よく生徒さんから報告を受けます。

帰りの電車の中の広告などで、
今まで見えていなかったデザインの法則やテクニックを
学んだ途端に発見するようになるのです。

車を乗り換えたとたんに同じ車種ばかり見えるようになる、あの現象とおなじですね。
今まで見えていなかったのではなく「知らなかった」だけなんですね。

知ったことでそこに「形」として浮かび上がる、そんな感覚でしょうか。
とにかく、デザインを学び始めると面白いくらいいろんなものが見えるようになりますよ。

 

◾️イメージは中世アンティーク銅板印刷

さて、お話を鉛筆画制作に戻しましょう。
今回の鉛筆画のデザイン計画を制作前に立てていました。
テイストは中世銅版画印刷全盛期の頃のイメージ、つまりアンティークです。
そこに現代のエレガントを融合したようなそんな雰囲気を目指します。

 

-実物を分析することがスタート

アンティークやヴィンテージ、銅板印刷など、当時の印刷物が残っていて、ネット上でも確認できます。
それらを観察して特徴を分析し、どうすれば再現できるかを考えます。

 

フォトショップ鉛筆画 デジタルイラスト

 

フォトショップ鉛筆画 デジタルイラスト

 

今の高性能なカメラで撮影したものとは、明らかに画質も劣りますし、
表現できる色数なども違うはずです。印刷技術も今とは違うので、
インクの付き方や、描き方の特徴などしっかり分析することで、
いくらでも近づけることは可能だといえます。

◾️フォトショップで行う鉛筆タッチの画像加工

上記の方法で様々な写真や印刷物(の画像)を分析したら、
それをどう、自分のデザインにとり入れていくかを考えます。
必ずその時代時代の特徴があるはずです。

例えばアンティークなら、そこに描かれている装飾のレリーフのデザインも、
表現したい年代によって全く異なりますので、リサーチが必要です。
お花などの形、ペンタッチ、それぞれの配置や空間の取り方などの特徴も調べましょう。

それらが確定したら、どのように現代のエレガントと融合させていくかを考えます。
私の場合は紙に簡単な鉛筆ラフを描いて、頭の中のイメージをアウトプットしていきます。

頭の中って、最初のアイデアはモヤ〜〜としているものです。
紙に鉛筆でラフを描いていくうちに、どんどん形が見えてきて、
「そうそう、こんな感じ〜」という方向性が決まっていきます。

ダイレクトにフォトショップ上で「こうかな、いや、こうかな〜」とやるのは
私の場合は結果的にかなりの時間のロスになることが多いです。
ラフができていることで、一直線にぶれることなく作業を進められます。

 

-上手くいく画像と上手くいかない画像がある

今回の鉛筆画は画像をネガに反転して、その輪郭を浮き上がらせるような方法を用いました。
今回は鉛筆画ですので、「線画」にしたいわけですね。
線画にしたい場合、あまりに濃い、あるいは暗い画像は
輪郭を抽出する方法にはあまり向いていません。

画像は明るめで色も薄め、でもしっかりシャープな画像がより鉛筆画らしく仕上がります。
ただ失敗は貴重な学びにつながるので、いろんな画像を試すことをおすすめします。
数試すうちに、デットラインを感覚的に見極められるようになります。

 

-鉛筆画の切抜きと配置、案外病みつきになる!

通常はじめから必要な箇所を切り抜いておいてから
さまざまな効果をかけていくことが王道かもしれませんが、
私はコラージュの場合あえてそうしないことがよくあります。

特に今回のような鉛筆画の場合、画像全体を鉛筆画にしてから、
一番いい部分を切り抜くようにします。
効果の出方がどこが一番美しいか、見極めたいからです。

今回のメインのラナンキュラスの花は、
1枚の画像から何箇所か抽出して切り抜いています。
お花の上下左右の影になっている箇所の効果の出方は、
1枚の画像の中でも大きく異なりますので慎重に選びます。

 

フォトショップ鉛筆画 デジタルイラスト

 

そんな感じで、ラナンキュラス以外のお花も切り抜いていきます。
そしていよいよ配置です。
私はメインになるラナンキュラスの花をまず配置していきました。

となるものから配置していくことで、世界観が一気に作りやすくなります。
核となるものに対して、その他の素材をどう絡めていくか? 上か下か?
このレイアウトの作業はとても楽しく、どんどんできあがっていく世界に
時間も忘れて没頭していまいますね。

 

-デジタルイラストだからこその面白さ

これが実際の鉛筆画だったら、簡単なラフではかなり難しく思います。
なぜなら、フォトショップだから簡単に上下の入れ替えや
位置や大きさの調整ができちゃうからです。

特にコラージュ制作では、上下をどう置くかで印象もガラッと変わります。
今回も、下からチラッと見えるお花や葉っぱ、また堂々とおおきく上に配置するお花、
そこにさらにほんの少しだけ葉っぱや蕾を被せて、
花全体を見せないことによるエレガントさの表現など、
「どう見せたいのか」の計算と戦略が必要となります。
そこがデザインの面白いところですね。

フォトショップだからこそ、いくらでもやり直しがききますから
納得のいくまで試せばいいと思います。
ほんの少しの位置の違いで見え方、感じ方も変わります。
どう配置すればどんな印象になるのか、自分の経験値としてぜひ蓄積していきましょう。

◾️鉛筆画のモノクロの中世的な美しさとカリグラフィー

アンティークのフレームをお花の間からのぞかせて
中央のフレーム内に言葉を入れていきます。

今回は2つの文章を用意しました。文字の分量は大事なデザインの要素です。
適当な文章を入る大きさで入れるのではなく、
使いたいフォンントで、使いたい大きさの文字ならどのくらいの分量が適切か?
それを割り出して文章の文字数の方を調整しましょう。

今回は手書きのカリグラフィーには到底及びませんが、
ラインがエレガントなフォントを選択しました。

フォトショップ鉛筆画 デジタルイラスト

 

2つの文章の頭文字のみ、モノグラムのように大きく表現し
背景の鉛筆画にクルンと絡んでいるように見せています。
どこにどう絡めると美しいか、を考えましょう。

 

フォトショップ鉛筆画 デジタルイラスト

また絡めすぎは文字の判読ができなくなる可能性があるので、適度に抑えておくことも大事です。
ですので、一番効果的な箇所で絡め、文字もしっかり判読できるようにしました。

これもフォトショップだからこそ、超簡単に絡みを表現できます。
レイヤーに分かれているので、絡んで隠れる部分を消すだけです。

◾️色を入れて表現する新しい鉛筆画の世界

フォトショップのコースでは、鉛筆画の完成で課題は終了しましたが、
デザイナーコースの生徒さんたちは、別の時間の「クリエイティブワーク」の授業の中で
着色に挑戦していただきました。

水彩ブラシを駆使して色を入れていくのは、とても楽しいです!
実はブラシ見本も作っていただきました。
サードパーティーのブラシの追加方法から、フォトショップ上で追加したブラシを
パレットに表示する方法、そして肝心なブラシの使い方を解説し、ブラシ見本を制作。

フォトショップ鉛筆画 デジタルイラスト

 

面倒臭いと思うかな?と心配していましたが、案外面白かったみたいで、
いろんなブラシの色の出方やカスレ具合など「このブラシ、好き!」などと
いろいろ感じながら作成されていました。

 

-デザインを学ぶとわかる「組み合わせる色でテイストが大きく変わるのはなぜ?」

見本では色の組み合わせ例として3パターン作成しました。
なぜ3パターンにしたかというと、色の組み合わせによって
テイストや雰囲気、見た時の印象が変わることを感じて欲しかったからです。

1枚目の色の組み合わせは「水色&ピンク」です。
背景に水色が入ることで一気に爽やかな印象になります。
お花はメインカラーがピンクですが、水色のおかげで甘くなりすぎず、
かといって完全に大人っぽくなるのではなく、ほんのり甘さが漂う、そんな印象です。

 

ホリマリフォトショ鉛筆画

 

 

2枚目の色の組み合わせは「ピンク&黄緑」です。
背景に使用したピンクは石の素材を使用しています。
なので全面がピンクではなく、白とのまだらな自然の表情が美しい背景です。

お花はメインカラーが白ですが、花芯に向かうほど黄緑色になるラナンキュラスです。
ピンク色の華やかな背景に、心を落ち着かせる効果のある黄緑を組み合わせることで、
ただ華やかなだけでない、ゆったりとした気持ちにさせてくれます。
どちらも春のカラーなので、見ていて前向きな気持ちにもなりますね。
花びらが白いことから、少し大人びた印象も併せ持つ、エレガントな色の組み合わせです。

 

ホリマリフォトショ鉛筆画

 

 

3枚目の色の組み合わせは「ゼピア&赤紫」です。
背景はいろんな色がまじりあったセピアよりの茶系の色をした壁面画像を入れてみました。
このテクスチャは背景以外にもいくつかのレイヤーで何度か重ねてニュアンスを作るのに使用しました。
お花は少し毒々しい紫よりの赤で、アンティークのボタニカルアートにもよく使われている色。
セピアよりの茶系と組み合わせることで、懐かしいような印象を作り出しています。

また、葉っぱに濃いグリーンを入れることで、
さらにくっきりしたアンティークのボタニカルアートのイメージに近づきます。
現代の色使いとは違う、表現したい年代の特徴を色で表現するのはとても面白いです。

 

ホリマリフォトショ鉛筆画

 

このように組み合わせる色でテイストや印象が大きく変わるのは、
色それぞれが持つ、その色から感じる気持ちがあるからです。
逆に、「こんな気持ちになってほしい」という発想から色を選択し、
デザインしていくという方法も私はよく使います。
またどこかで色のお話はいっぱいしていきたいなあ〜と思います。

 

デザインってやっぱり楽しいし、面白い!

今回は具体的な制作方法ではなく、ホリマリ的考え方をご紹介しました。
テクニカルな部分は、書籍やいろいろなサイトで学ぶことができますが、
実際にどのような考え方でデザイン作品が作られているのかを知る方が
ずっとずっと役に立つと私は思います。

今回の私の考え方はひとつの方法で、絶対ではありません。
参考にしていただきながら、あなたのエッセンスをたくさん取り入れた
あなたオリジナルの素敵なデザイン作品ができることを願っています。

 

いま現在、デザインに興味があり、
自分でも作ってみたい、学んでみたいと感じている、
全ての「デザイン大好き!」という人のための

「プチ・デザイナーコース」をご用意いたしました。

ホリマリからデザインテクニックを学べる動画講座はこちら

イラストレーターの操作が初めての方が多いので、
「イラストレーター基本のき」という、
イラストレーターの様々な初期設定や
イラストレーターのデータ管理方法
イラストレーターの使い方の基本など、

イラストレーターを使い始める最初のステップの
フォローアップも行なっています。
こちらは「イラストレーター基本のき」パックとして、
別売でご購入いただく形となります。
(2時間半 ¥9,800税別)


パソコン操作の不安や

スタートにあたっての疑問などは
お問い合わせより気軽にご質問くださいね。

お問い合わせ
プチデザイナーコースお申し込み
プチデザイナーコース詳細

先にスタートされている受講生さんの感想はこちら
プチデザイナーコース受講感想
「子育て真っ只中でも夢に向けて今できることにぴったりなコース!」横山忍さん

メルマガ登録

ホリマリ Horimari Creative works

こちらの記事もデザインについて書いています。ぜひご覧ください。
【デザインを学ぶ】デザインを仕事や人生に生かしたい方へ
デザインを学ぶと付いてくる、思いもよらない贈り物とは?
【デザインを学ぶ】楽しみながらデザインを学びたい方へ

 

ホリマリ プチデザイナーコースイラストレーター動画講座

インンフォメーション

  1. プチ・デザイナーコース第1回目「ピッチャー&ミモザ」
  2. info-1-1ホリマリ クリエイティブワークスのデザイン研究会って?
  3. フォトショップ鉛筆画 デジタルイラスト Digital pencil drawing

デザインサービス

  1. ホリマリクリエイティブワークスデザイン制作メニュー一覧
  2. ホリマリクリエイティブワークス・デザインお申し込みから制作の流れ

よく読まれている記事

  1. 【プチ・デザイナーコース】への素晴らしいお問合わせの紹介
  2. ホリマリ プチデザイナーコース-イラストレーターでお花を描く。チョコレートコスモスが可愛すぎて感動!
  3. メルマガは求めてくれる人にだけ贈るホリマリからのラブレター
  4. ホリマリ ロゴ
  5. 【デザインを学ぶ】デザインを知りたい、知って変わりたいと思うあなたへ
  6. ホリマリクリエイティブワークス・名刺デザイン
  7. デザイン研究会/ホリマリ クリエイティブワークス
  8. チラシ、フライヤー デザイン制作 ホリマリ クリエイティブワークス

おすすめ記事

  1. ホリマリイラレ使い方イラストレーターを開くと「○○というリンクファイルが見つかりません」というエラーが出る
  2. フォトショップ鉛筆画 デジタルイラスト Digital pencil drawing
  3. 【デザインの現場】 ビジュアル制作「スタイリングデザイン1」
  4. MacとWindowsの違いvol.2「Macはスクリーンショットが一発完了」
  5. イラストレーター(Adobe Illustrator)をダウンロードして使ってみよう!
  6. MacとWindowsの違いvol.1「Macって何も聞いて来ないし、難しいコト何も言わない」
  7. ホリマリイラストレーターでガイドラインがオブジェクトにピッタリ合わない時の解決法

お仕事ポートフォリオ

  1. Nostalgic-Parisデザイン研究会/ホリマリ クリエイティブワークス
  2. ホリマリ ロゴデザイン
  3. ホリマリ クリエイティブワークス/美容室店舗壁面用ポスター
  4. ホリマリビジュアルデザイン白いパリの風景 White Paris series1
  5. Nostalgic-Parisデザイン研究会/ホリマリ クリエイティブワークス
  6. ホリマリイラストレーション建物風景
  7. ホリマリフォトショ鉛筆画
PAGE TOP